香典返しギフト選びにおすすめのサイトをランキング順にご紹介!

年齢を重ねるにつれ、冠婚葬祭の行事に参加することも増えてくるでしょう。

自分にとって大切な方が亡くなるなんて想像もしたくない悲しいことではあるが、人は生まれてきた以上、必ず終わりも訪れます。人生において大事な行事である以上、それらにまつわるマナーを知っておくのは、損はありません。

今回は香典を頂いた後の「香典返し」の意味から選び方まで詳しく解説していきます。

 

香典返しとは?

香典返しとは葬儀のときに頂いたお香典のお返しをすることです。

本来香典返しは必要ないと考えられてきましたが、最近では香典返しを送ることが一般的となっています。
香典返しは通常忌が明けてから送るもので、忌明けの時期に関しては宗教により異なるので事前に確認しておく必要があります。

「忌明け」とは?
忌明けとは、故人の冥福を祈り、喪に服す期間を終える日、または、その日を迎えたこと。期間は宗教により異なり、式の場合は四十九日、神式の場合は五十日が忌明けに相当します

日本では四十九日明けが忌明け時期と一般的に考えられていますね。

 

香典返しの相場は?

ギフトを選ぶ前に、まずは「どれくらいの価格のものを買えばよいの?」という部分で悩むかと思います。一般的に香典返しの金額は「半返し」と言われています。

また、関西や九州では「三分の一返し」という文化も存在します。

しかし、やはり半返しが一般的なため、悩まれた場合は香典の「半返し」でお返しするのが無難です。

香典は平均で1~2万円ほどと言われているため、香典返しの金額は5,000円~1万の範囲で選ぶのが一般的です。

 

香典返しはいつ送ればいいの?

香典返しは四十九日の法要を終えた後、贈るのが良いと言われています。法要後すぐに送るのが良いが、遅くても2週間以内にはお返しをしましょう。

また、香典返しを葬儀の当日に渡す場合であれば、参列者の人数を想定して事前に品物を用意しておくことが必要になります。しかし、当日お渡しする場合は頂く香典の金額が分からないので、思った以上に金額が高価だった場合は後日に追加してお返しする必要などが出てきます。

 

香典返しにおすすめのもの

香典返しの相場と時期が分かったところで、次に気になるのは「送るもの」ですね。

香典返しは「不祝儀を残さない」という考えがあるので、「使い切れるもの」がいいとされています。

  • 洋菓子
  • 紅茶・コーヒー
  • 和菓子

あたりであれば、もらって困ることにはならないでしょう。

高島屋の「香典お返しサイト」ではカテゴリー、金額台を絞ることもできるので、ぜひ活用してみてください。

 

香典返しおすすめカタログギフトランキング

指定したお品を送るのもいいですが、やはり好みは人それぞれなので、万人受けするギフトを選ぶとなれば、なかなか難しく頭を悩ませるものです。そこで、近年、「香典返し」の品物として多く取り扱われているのが、「カタログギフト」です。

お贈りする側としては非常に便利で、受け取られた方も選ぶ楽しみが生まれるため、人気がある選択肢となっています。

それでは、おすすめのカタログギフトをランキング順にご紹介していきます。

1位 伊勢丹(セレクトギフトコーラル・ストロベリーコース)

引用:伊勢丹オンラインストア

グルメだけでなく、リビング用品・ファッション雑貨など幅広いジャンルからお好きな商品をご自由にお選びいただける、選べるカタログ式ギフト「セレクトギフト ファッション&グルメ」。プレゼントした先のお客様が、掲載されたさまざまなブランド商品の中からお好みの品を選べる、もらって嬉しいカタログ式ギフトです。

引用:キノギフト(コーラル・ストロベリーコース)

有名な百貨店である伊勢丹のカタログギフトです。誰でも知っている百貨店のカタログですので、上記書いてある通りもらった側はとても喜ばれることでしょう。

2位 高島屋(高島屋オリジナルローズセレクション一品一会MHSコース)

引用:高島屋オンラインストア

弔事用「一品一会」は選りすぐりの名品と美しい写真が特徴のカタログギフト。国内外の有名ブランド雑貨や工芸品、選りすぐりの食材、有名カフェの体験ギフトなど、どなた様のご要望にもお応えできるカタログギフトです。

引用:高島屋オンラインストア

弔事用のため見た目も落ち着いたカタログギフトです。カタログギフトを今までももらったことがある方でも、物だけでなく体験ギフトがあるためどんな人でも喜ばれるギフトです。

3位 阪急百貨店(ギフトセレクションSコース)

引用:阪急オンラインショップ

4,000円台でお礼用ギフトなどに使いやすくなっているカタログギフトです。

 

まとめ

「冠婚葬祭」は人生において非常に大事な行事です。そのため、失礼のないように振る舞うことがとても大切なことですよね。

故人の為に葬儀に参列下さった方々に失礼のないよう、香典返しのマナーもしっかり分かっておく必要がありますね。時期から金額、選ぶ品まで、知っておくべきことは多いですが、香典を頂いた方へのお礼の気持ちをしっかり現わしたいですね。

重要ポイント
  • 香典返しとは葬儀のときに頂いたお香典のお返しをすること
  • 一般的に香典返しの金額は「半返し」
  • 香典返しのギフトは「使い切れるもの」がいい
 

【徹底厳選】もう迷わない!!オススメギフト専門サイト

おこころざし.com
香典返しや、法事・法要返しに特化した専門オンラインショップです。カタログギフトをはじめ、仏事の返礼にふさわしいタオル、食品等を多数ラインナップされており選ぶことができます。 おこころざしの三大サービスとして「挨拶状」「のしがけ」「送料」の無料サービスを実施していたり、出産・結婚等と異なり事前に十分に準備できるものではないためお急ぎの方でも、安心して依頼することができます。またマナーコンテンツなども充実しているため、情報だけでも十分に利用できるサイトです。  
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です