どうなんだろう!?喪中期間に他の人の葬儀への参列は出来る?出来ない?

知り合いの人が亡くなって当然葬儀が行われると思います。そんな時、もし自分自身は喪中期間である場合、葬儀に参列しても問題はないのか、疑問に思ったことはありませんか?

そんな問題を解決出来るように分かりやすく説明していきたいと思います。参考にしてみてください!

 

喪中期間の葬儀の参列はどうなの?

喪中期間であっても他の人の葬儀、通夜、法要は参列出来ます!

自分自身、身内の葬儀があって喪中期間なのに、知人の葬儀に参列して良いものなのか疑問に感じると思います。節度を持って出席することは基本的に何の問題もありません。

ただし、地域によっては問題ある場合もありますので、事前に調べておくのも良いと思います。

ここで疑問!喪中であることは伝えないといけないのか

基本的には自分から伝える心配はありません。

相手から聞かれた際に答える分には良いとされています。先方から、話しかけられた際には丁寧にお答えして、ご挨拶するようにしましょう。

 

喪中期間で葬儀に参列したくない場合はどうする?

基本的に参加したくない場合、特に問題ないとされております。自分自身、精神的ダメージが癒えず、まだ参列する気に慣れない場合もあると思いますので、そんな時は先方に前もって連絡しておくと良いでしょう。

その際には、先方に欠席する理由をはっきりと伝えず遠回しに断るのではなく、きちんと自分自身の言葉で素直に伝えることが大切です。同じ立場で、身内の不幸に向き合っている為、きちんと伝えれば理解してもらえるはずです。

他にも対応する方法がありますので、いくつかご紹介していきたいと思います。

香典や供花とともにお悔やみの手紙を出す方法

参列に行けないとしても、お悔やみの気持ちをきちんと伝えるようにすることが大切です。

当日に供花お供え物と一緒に香典も送ります。香典の金額に関しては、故人との関係性や、葬儀に来ていただいた時があれば、その時の香典の金額を参考にすると良いでしょう。

そして大切はことは故人を悼む素直な気持ち、参列することが出来ないお詫びの気持ちを言葉にして先方に伝えるようにしましょう。そこで忌明け、もしくは喪が明けた頃に改めて弔問する意思があることを伝えることも良いとされております。

代理の参列者をたてる方法

喪中期間で自分が参列する気持ちにどうしてもなれないとき、代理の参列者をたててお悔やみの気持ちを伝える方法があります。

その際、誰でも良いというわけではなく、自分と故人との関係性をよく知る人でないといけません。そうすることで自分自身が参列する場合と同じ役割を果たしてくれる期待できるからです。

その際に供花を頼んだり、お香典を預けたりも可能です。そのうえで、代理の方に喪中期間により参列を見合わせたこと、またお悔やみの言葉を伝えていただくと良いでしょう。

 

喪中とは何だろう?

家族などの身近の人が亡くなった際に故人を想い、悼む期間のことを言います。その期間とは故人が亡くなった日から1年間とされております。

喪中期間はお祝いごとや晴れやかな場面への参加、結婚式などなるべく外出は避ける方が良いとされております。また年賀状に関しても事前に欠礼を伝えることが一般的です。

ひと昔前の話ではありますが、喪中期間は家の中でも喪服を着て過ごし、外に出て他の人との接触を避けるために家の中に閉じこもる風習もありましたが、現在はそんなこともなく日常に制限をつけずに過ごして良くなっております。

喪中期間について

先ほど、上の文章でもお伝えしたのですが、喪中期間は1年間と説明させていただきました。より細かい定義もありまして、喪に服すべき人と期間は、故人との血縁関係によって変わってくると言われております。

家族形態によっても変わってくるのですが、一般的に故人から2親等以内の親族が喪に服すべき続柄にあるとされており、あくまでも目安とされております。

親等の近い・遠いに関係なく、生前の故人と深いつき合いがある、同居期間が長かったりといった関係性がある場合に、自ら進んで喪に服することを妨げるものではもちろんありません。お間違えの無いよう気を付けてください。

 

まとめ

葬儀のお花喪中期間に他の人の葬儀に参列は出来るのか、出来ないのかについて以下のことを解説してきました。

  • 喪中期間でも他の人の葬儀に参加しても問題はないこと。
  • 喪中期間で他の人の葬儀に参加したくない場合は、供花や香典、お悔やみの手紙を送ったり、代理人に出席をお願いしても良いこと。
  • 喪中期間はお祝いごとや晴れやかな場面への参加、結婚式などなるべく外出は避ける方が良いこと。

知り合いの人だったり、とてもお世話になった人が亡くなり葬儀が行われると参列したいという気持ちもとても強くなると思います。しかし、自分自身、喪中期間であり気持ちの整理も出来てないまま、無理に参加をしなくても良いことも今回で分かった点だと思います。

その時の気持ちを大切に行動するでも良いと思います。知らなくて、不安な思いよりも少しでも知ってもらえるきっかけに慣れたら嬉しく思います。

 

 

【徹底厳選】もう迷わない!!オススメギフト専門サイト

おこころざし.com
香典返しや、法事・法要返しに特化した専門オンラインショップです。カタログギフトをはじめ、仏事の返礼にふさわしいタオル、食品等を多数ラインナップされており選ぶことができます。 おこころざしの三大サービスとして「挨拶状」「のしがけ」「送料」の無料サービスを実施していたり、出産・結婚等と異なり事前に十分に準備できるものではないためお急ぎの方でも、安心して依頼することができます。またマナーコンテンツなども充実しているため、情報だけでも十分に利用できるサイトです。
 
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です