【解説】葬儀の費用は後払いできるのか?支払い方法や前払いは可能?

儀不斗
おかえり。お葬式どうだった?
西園寺
あっとゆう間に終わっちゃったよ。
儀不斗
そうなんだ。
西園寺
そういえば、費用っていつ支払っているんだろう?

葬儀はいつ行われるのか、誰にも分からないですよね。葬儀の費用が後払いできるかどうかで当日の行動が変わってくると思います。

友人の話ですが、葬儀の際にお金のことで揉めたことがあるそうです。せっかく大切な人とお別れする機会なのにもったいないですよね。

葬儀費用を調べたところ、平均で約200万円かかるそうです。1回で支払うには高いですよね。急に用意してほしいと言われたら困ってしまいます。

こんな方におすすめ

  • 葬儀の費用は後払いできるか知りたい
  • 葬儀の費用の支払い方法や期限を知りたい
  • 葬儀の費用が前払いできるか気になる

 

当日になって困ることがないよう、葬儀の費用は後払いできるのかご紹介します。

 

葬儀の費用は後払いできるのか?

結論から申し上げますと、葬儀の費用は後払いできます。具体的には、葬儀社に支払う費用は可能です。なぜなら、当日でないと葬儀に参列する人数が分からないからです。人数によって食事代や返礼品の代金が変わってきます。

ここで、注意点をお伝えします。葬儀社のプランにない費用は、別に支払う必要があります。

地域や葬儀社によって差がありますが、火葬料金は別で支払う場合があります。なぜなら、火葬場の運営は自治体または民間で行われているためです。民間の場合には心づけを払う場合が多いです。

また、お坊さんに支払うお布施も直接手渡しで渡すため、当日払う必要があります。

注意事項
葬儀費用は葬儀社に支払う以外にもある。支払い先が異なるため、当日支払うこともある。

 

葬儀の費用の支払い方法は?

葬儀の費用の支払い方法は、3種類あります。方法が選べるので安心ですね。

現金

葬儀社に直接支払う場合と銀行振込があります。1回で支払う必要があるので、事前に費用を用意する必要があります。

クレジットカード

通常の買い物と同じように、分割払い・リボ払いができます。ポイントも貯まるので、お得ですね。

葬儀ローン

審査が必要ですが、分割して支払うことができます。まとまったお金が手元にない場合に利用でき、安心ですね。

私の考えですが、まとまったお金が手元にない場合に、クレジットカードや葬儀ローンで費用を分けて支払えることが分かり、ほっとしました。葬儀は思ってもみなかった時に行うことになると思いますので、当日焦らなくてすみそうです。

また、ATMでお金を引き出す際、葬儀費用は大金なので引き出し限度額に注意する必要があります。

特にお届けのない限り、ATMでの引き出し限度額は1日あたり50万円です。ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口でお申し込みいただくと、1日あたりの引き出し限度額、引き出しの上限回数も変更できます。引き出し限度額を引き下げる変更は、ゆうちょATMまたはゆうちょダイレクト(ダイレクトサービス)でも可能です。

※ファミリーマート等に設置している小型ATMでは、日本国内で発行されたカードによる引き出し額は、1回あたり20万円までです。

引用:ゆうちょ銀行 ATMの引き出し制限等について

 

葬儀の費用の支払い期限は?

葬儀の費用は、葬儀が終了した日から1週間程度で支払うことが多いです。葬儀が終わるとほっとして気が抜けてしまいそうですが、期限内に支払うよう気をつけましょう。

私の友人の話ですが、住民税を支払ったつもりでいて忘れていたため、後で延滞金を100円支払う羽目になったそうです。思い込みは危険ですね。

 

葬儀の費用は前払いできるのか?

葬儀の費用は前払いすることができます。ただし、葬儀の前日に支払うのではなく、生きているうちに予約をする必要があります。

当日になって、お金を用意する必要がないため安心して葬儀に臨むことができますね。また、残された遺族もお金の準備や不安を抱く必要がないです。

亡くなってもいないのに、葬儀の予約をするのは不謹慎に思われるかもしれません。しかし、時間をかけて葬儀社や葬儀プランを決めることができ、後悔のない葬儀を行えるのではないでしょうか。

なにより、当人の意見を聞くことができますので、豪華な葬儀がよいのか、家族で静かに行いたいのか決めやすいと思います。

前払いではないですが、葬儀保険に加入しておく方法もあります。前もって費用を用意しておけるので安心ですね。

葬儀保険の選び方。月々500円からスタートできる!

2021年2月24日

 

まとめ

まとめ
  1. 葬儀の費用は、葬儀社に支払う分は後払いできる。
  2. 葬儀社やプランによって差があるが、後払いできない費用もある。(例:火葬料金、お布施)
  3. 前払いしたい場合は、生前に予約をする。

ここまで、葬儀費用は後払いできるかどうかについてお伝えしました。急な葬儀でも安心して支払いができるのではないでしょうか。

友人の話ですが、葬儀に出る機会が多くあり詳しくなったため、葬儀のたびに頼られるようになったそうです。あなたも、今回ご紹介した内容を知ったことで困っている友人や親せきを助けることができるかもしれませんね。

最後に、葬儀の際は冷静でいられないと思います。そのため、費用をどのくらいまで支払えるのか、前もって家族と相談しておくと安心できると思います。

 

【徹底厳選】もう迷わない!!オススメギフト専門サイト

おこころざし.com
香典返しや、法事・法要返しに特化した専門オンラインショップです。カタログギフトをはじめ、仏事の返礼にふさわしいタオル、食品等を多数ラインナップされており選ぶことができます。 おこころざしの三大サービスとして「挨拶状」「のしがけ」「送料」の無料サービスを実施していたり、出産・結婚等と異なり事前に十分に準備できるものではないためお急ぎの方でも、安心して依頼することができます。またマナーコンテンツなども充実しているため、情報だけでも十分に利用できるサイトです。
 
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です